iPhone 13では全機種にLiDARスキャナーを搭載?

2021/04/19

iPhone 12 camera

iPhone 13 は 12 と同じサイズで4機種構成だと噂されていますが、その全機種にLiDARスキャナーを搭載するという噂があるようです。

LiDARスキャナーというのは、光を使ったレーダーのようなもので、対象となる物体との距離を正確に測ることができる装置です。

自動運転車が周囲を認識するためなど、技術的には以前から様々な分野で実用化されています。

iPhone 12 の場合、Pro と Pro Max にLiDARスキャナーが搭載されていて、オートフォーカスの高速化やポートレートモードのボケ加工などに活用されています。

iPhone 13 では全てのモデルにLiDARスキャナーが搭載されるとなると、カメラ・写真の大幅な性能向上に期待が膨らみます。

加えて、正確に距離が測れるようになりることから、拡張現実(AR)機能を活用したサービスやアプリが普及することにも期待されます。

iPhoneが登場して間もないころ、セカイカメラというAR地図サービスがあってとても楽しく使っていたのですが、ちょっとばかり時代に先駆け過ぎていたようで全然普及しませんでした。面白い取り組みだったのに。
LiDARスキャナーの普及によって、ARを使った今までにはない新しいサービスが誕生するかもしれないと思うと、ワクワクしますね。

参照したニュース記事はこちら

https://japanese.engadget.com/iphone13-all-lidar-031501888.html

LiDARスキャナーについては、こちらに詳しい情報があります。

https://time-space.kddi.com/ict-keywords/20201204/3020

iPhone 13 に関する噂のまとめはこちらです。

関連記事