音楽再生の音質を向上する標準搭載イコライザーの使い方

2021/02/23

Apple MusicやSpotifyで音楽を聴いていて、もう少し元気のいい感じにしたいなとか、キラキラした感じにしたいなと思うことはありませんか?

イコライザーの設定を変更することで、希望の音質に近づけるとより音楽を楽しめます。

とはいえ、どの設定を選べばいいのか迷いますよね。iPhoneに標準搭載されているイコライザーの設定を全て紹介します。

イコライザーでストリーミングの音質を向上

イコライザーを使って好みの音に調整する方法を紹介します。

Apple Musicの場合: iPhoneの設定アプリ > ミュージック > イコライザ
Spotifyの場合: 歯車マーク > 再生 > イコライザ

と進んで、好みにあった設定を選択します。

イコライザーといえば、チャンネルをいじって音の要素を自由に変更する機能をイメージする人も多いのではないかと思いますが、iPhoneではあらかじめ設定されたものの中から選択できるだけで、自分で調整することはできません。

不親切なことに、Apple Musicの場合は名前しか見ることができないので、各チャンネルをどんな設定にしているのか確認できないんですよね。

iPhoneに設定されているイコライザの設定名と調整内容について、Mac の Apple Music の画面をサンプルとして掲載します。

画像の左側が低音域で、右側が高音域です。チャンネルを上に動かすとその音域が強調、下に動かすと抑制されます。真ん中が標準の設定です。

一番左の「プリアンプ」で全体的な音の大きさを調整しますが、iPhoneではいじれない部分ですね。

Acoustic

アコースティックは、名前からするとエレキギターとか電子楽器ではないアコースティック音楽を聴く時用な印象を受けますが、実際にはほぼ万能な設定です。曲のジャンルとか関係なく、この設定一発で大抵の音楽が生き生きとした印象になります。

特に空間オーディオとの相性が良くて、僕の場合はAirPods Proで立体音響を楽しみたい時はアコースティックを基本にしています。

Bass Booster

低音を強調する設定。オープンエアのイヤホン(EarPodsとかAirPods)などを使っていて、低音が弱いと感じる時に使うと効果的。

Bass Reducer

ズンドコな感じが好みではない場合とか、難聴を予防したい場合におすすめ。

Classical

名前はクラシック音楽向けとなっていますが、いろんなジャンルの音楽の迫力が増す設定です。ただ、ボーカル域が抑えられているので、歌を楽しみたい場合は別の設定にした方がいいですね。

Dance

低音が強調されて、全体的に元気のいい感じになります。

Deep

低音域が強調されていて、高音域が冴えられている設定。BAドライバーを使ったカナル型のイヤホンを使う時にこの設定にすると、かなりいい感じになります。

Electric

高音域がキラキラ感じの設定です。80年代のエレクトリックサウンドとかをイメージした印象。

Flat

イコライザーをオフにしたのと同じ。イコライザーの設定を色々試していて、なんかよく判らなんなーとなったときにこれにして聴き比べるとか。

Hip Hop

ベースの低音よりもドラムの低音をイキイキさせたい時にこれ。

Jazz

クラシックほどボーカルが遠のく感じではなく、全体的に上品にまとまった印象の音になります。

Late Nigh

画像なし。電車に乗っていて音漏れが心配な場面とかでおすすめの設定。

Latin

キラキラと派手な印象になります。小さめのイヤホンとかで使うといいかも。

Loudness

とにかく低音モリモリが好きなんだ!という人向け。難聴の心配があるのでボリュームは上げすぎないことをお勧めします。

Lounge

しっとりと音が反響するラウンジをイメージした調整。ライブ音源と相性がいいと思います。

Piano

ピアノ曲向けという名前ですが、ロックやポップスで使ってもノリの良い印象になります。

Pop

ボーカルの音域が強調されているので、推し声優のアニソンとか楽しむ時に良いと思います。

R&B

ベースが空気を震わせて腹にズンズン響く感じが好きな人向け。ウーファーが大きいスピーカーで聴く時に使うと迫力が出ます。

Rock

低音好きな人がダイナミックドライバーのイヤホンを使う時にいい感じの設定です。

Small Speakers

高音域がちょっと刺さる感じがするなぁという小さめのスピーカー向けとなっていますが、シングルBAドライバーのイヤホンとの相性がめちゃ良いです。

Spoken Word

語学学習など、人の声をよく聴きたい時に使います。

Treble Booster

高音がキラキラとする設定。70年代〜80年代のカーステレオでこんな感じの音設定が流行ったかも?というイメージです。

Treble Reducer

高音を抑えた設定。こんなの何に使うの?って思いますよね。屋外でイヤホンやヘッドホンを使うと、騒音で低音域がかき消されて少し軽い感じの音になると思いますが、そういう場面で低音を強調するのではなく、高音を少し抑え気味にするとバランスが取れていい感じになります。通勤・通学とか屋外でよく音楽を聴く人はお試しあれ。

Vocal Booster

ポップよりもさらにボーカルに集中したい設定。低音の抑制が強まっている分、男性でも女性でもボーカル域が引き立つ設定です。

Eargasm Explosion

ちなみに、Mac/PC のApple Music (iTunes) で人気の設定 Eargasm Explosion はこちらです。Spotifyのイコライザはチャンネル数が少ないですが、頑張ってこれに近づけるといい感じになります。iPhoneのApple Musicでは使えないのが残念です。

音楽を楽しもう

いかがでしょう。

今回使ったのはMac版のイコライザーの画像ですが、設定のイメージが掴めたのではないでしょうか。

低音を強調したい場合はどれを選んだら良いか、ボーカルをはっきりと聴きたい場合はどれを選んだら良いか、目安になると思います。

できれば、各チャンネルを自由に調整できるようになって、Eargasm Explosion を作れたらいいなぁと思うんですけどね。