どれ買おう?SE2を基準に画面サイズでiPhoneを比較

2021/04/19

iPhoneの機種は、12シリーズだけでも4種類。画面サイズも3種類。

どの大きさのを買ったら一番便利なんだろう?って迷いますよね。

コスパ最強のSE2を基準に、iPhoneの画面サイズを比較してみました。
値段も合わせて考えて、自分にピッタリのiPhoneを選びましょう。

iPhoneの画面サイズ比較表

機種容量(GB)値段値段差画面(インチ)画面(画素数)画面(ライト)
iPhone 12 Pro Max128
256
512
117,800
128,800
150,800
730006.72,778 x 1,284
458ppi
OLED
iPhone 12 Pro128
256
512
106,800
117,800
139,800
62,0006.12,532 x 1,170
460ppi
OLED
iPhone 1264
128
256
85,800
90,800
101,800
41,0006.12,532 x 1,170
460ppi
OLED
iPhone 1164
128
256
64,800
69,800
80,800
20,0006.11,792 x 828
326ppi
LCD
iPhone 12 mini64
128
256
74.800
79,800
90,800
30,0005.42,340 x 1,080
476ppi
OLED
iPhone SE 264
128
256
44,800
49,800
60,800
4.71,334 x 750
326ppi
LCD

ストレージ(アプリやデータを保存しておける容量)のサイズはどの機種も3種類なので、容量の数値は無視して大・中・小どうしで価格差を出しました。

使い方で変わる便利な画面サイズ

iPhoneでもAndroidでも、これまでスマートフォンを使っていたなら、一番多い使い方が何か?その時にどんな不便を感じたか?を考えたら、もう答えが出ちゃいますね。

初めてのスマートフォンです!という場合は、一番安いiPhoneにしておきましょう。
どれがいいのかわからないうちからあれこれ悩むより、使って楽しむ時間を増やしましょう。

使用目的による利便性の違い

iPhoneを何に使うかで、便利な画面サイズが変わります。

・主に通信手段。iMessageやLINEといったメッセージアプリを使うのが中心。
SE2とか12 miniといった、小さい画面でも大丈夫。

・動画を楽しみたい。毎日YouTubeとかApple TVとかNetflix使いまくり。
画面が大きい方が良さそうなんだけど、いっそのことiPadを使う方が楽しめるかも。

・めっちゃググる。気になったことはすぐに調べる。
情報端末としてガッツリ使うなら、ちょっと画面は大きい方が良いと思う。

・写真をたくさん撮る。撮影する時に見やすい方がいい。
画面が大きめの方が便利な場面ですね。iPhoneで写真を撮ると、基本的に撮影の瞬間に画面で見たままに映るので、大きい画面でしっかり確認しながら撮れる方が良いと思います。

持ち歩き方による利便性の違い

普段、iPhoneをどんな風に持ち歩くのかによっても、便利なサイズが違ってきます。

ポケットに入れてる

小さい方がいいです。

でかいやつをボケットに入れておくと、歩いているだけなら問題ないけどしゃがんだり座ったりする時に邪魔になることがよくあります。

カバンに入れておく

デカくても大丈夫。

基本的にカバンに入れておいて、手が空いた時にとかに取り出して確認するという感じの使い方なら、大きくても問題なし。

使い方の方でどの画面サイズがいいか考えましょう。

ポーチを使う

デカくても大丈夫。

男性の場合、ベルトループにカラビナで引っ掛ける感じのポーチ的なケースを使うなら、デカくても小さくても問題なし。

使い方の方でどの画面サイズがいいか考えましょう。

SE2と比較してどんな感じか

Apple製品ページで比較画像を作ってみました。

iPhone SE2・12 mini・12標準の大きさ比較

iPhone 12 miniって、5.4インチなので数値的な画面の大きさではめっちゃ大画面っぽいですけど、実際にはiPhone SE2と横幅は同じくらいで縦にニューッと伸ばした感じです。
なので、動画や写真を表示すると、SE2と大して変わらない表示になります。大画面で映像を楽しめるわけではないので、この辺は重要なチェックポイントですね。
そしてSE2と比べて値段は30,000円アップ。どうしても12 miniじゃなきゃダメって理由がない限り、この値段差はどうかなぁと思います。

iPhone SE2・12標準・12 Pro Maxの大きさ比較

現代的標準サイズの6.1インチは、写真や動画の見易さも情報収集としての使い方もソツなくこなしてくれます。なかなかバランスの良い大きさ。
となると、値下げされて下位機種扱いになった11はグッと魅力的に見えますね。SE2と同じA13 Bionicを搭載して、価格差も20,000円。
二万円といったら端金ではないですが、値段的にもバランスが悪くないと思われます。

どれにする?

iPhone SE2 128GBのコスパが良すぎて、これを基準にしてどれにしようか比較していくのが良いと思いますが、もうちょい画面が大きい方が嬉しいな、と思ったら11が良いんじゃないでしょうか。

どうしても最新機種じゃなきゃダメという理由がないなら、SE2との差額で AirPods Pro とか Sony WF-1000XM3 といった上等な完全ワイヤレスイヤホンを買って、いい音で音楽を楽しんだ方が幸せになれると思います。

画面だけでは決められない?

画面サイズは重要な選択条件だと思いますが、それだけでは決められないものだと思います。

iPhone現行機種の仕様一覧表を用意したので、そちらも参照してみてください。

関連記事