AirPodsでApple Music空間オーディオのダイナミックヘッドトラッキングは邪魔!オフにする方法

Apple Musicの空間オーディオでAirPodsを使っていると、標準ではダイナミック・ヘッド・トラッキングが機能します。

映画やミュージックビデオなど、映像付きの場合は素晴らしい機能だと思うんですけど、音楽を聴いているだけの時は余計なお世話ですよね。

コントロールセンターの音量調節からオフにできます。

ダイナミック・ヘッド・トラッキング

ダイナミック・ヘッド・トラッキングとは、Apple製のAirPods・AirPods Pro・AirPods MAXで空間オーディオを使っている時に機能します。

iPhoneを正面として、頭を左右に動かすと、音が聞こえてくる方向が変化します。そう、スピーカーから出ている音を聴いているような感じになります。

iPhoneやiPadで映画を観たり、ミュージックビデオを観る時にはすごくいい機能なんですけど、Apple Musicで音楽を聴いているだけの場合、はっきり言って余計なお世話なんですよね。

別に音が聞こえてくる方向なんて変わらなくていい。

というわけで、ダイナミック・ヘッド・トラッキングをオフにしましょう。

コントロールセンターから設定

イナミック・ヘッド・トラッキングをオフにするには、コントロールセンターを呼び出して、音量設定から機能をオフにします。

コントロールセンターを呼び出す

iPhoneの画面の下から、指でシュッと上方向にこすります。

音量調整をタップ&ホールド

コントロールセンターが表示されたら、音量調整をタップ&ホールド(タップして触ったままにする:ロングタップ)します。

空間オーディオ設定をタップ

画面一杯に音量調整機能が表示されて、画面下にノイズキャンセリングと空間オーディオの設定ボタンが表示されます。

空間オーディオのボタンをタップすると、空間オーディオの設定が表示されます。

空間オーディオの設定は3種類

  • オフ: 立体音響をオフにする
  • 固定: 音が聞こえる方向が固定された立体音響
  • ヘッドトラッキング: 頭の動きに合わせて音が聞こえてくる方向が変わる立体音響

ヘッドトラッキングが邪魔だと思う場合は、「固定」を選択します。

これで、音が聞こえてくる方向が変化しない立体音響になりました。

おわりに

文章を書いたり作業をしながら音楽を聴いている時とか、ダイナミックヘッドトラッキング機能で音が聞こえる方向が変化するのって、逆に気が散ってしまう余計な機能だと思うんですよね。

でも、映画とか映像付きの音楽の場合はありがたい機能。

というわけで、音楽を聴く時はオフ、映画を見る時はオンと使い分けるのが良いです。

コントロールセンターから簡単に設定できますので、必要な時にささっと設定しましょう。

空間オーディオについて、詳しくはこちらの記事で。

Apple Music で新たな音楽と出会う

AirPods Pro はiPhoneと相性が抜群