iPhoneが熱くなってバッテリーが保たないときの対策は強制再起動

2014/03/24

普通に使っているだけのはずなのに、最近iPhoneが熱いな〜と思うことが増えて、どうも電池が保たない気がする。

たぶんバックグラウンドで動いている何かのプログラムが暴走するとか、直接目に触れる部分じゃないところでトラブルが起きていると思われます。原因が何なのか確認して対処するのが一番なんですが、はっきりいってメンドクサイ。

手っ取り早く対策したい場合は、全てのアプリを終了させてから本体を強制再起動するのが効果的です。

iphone_low_buttery.png

強制再起動の手順

  1. ホームボタンを2回素早く押す
  2. 使ったことがあるアプリが縮小表示されるので、2本の指でアプリを2つずつ上にスライドして終了させる(画像1)
  3. 全部のアプリを終了させたら、ホームボタンを1回押す
  4. ホームボタンと電源ボタンを同時に押しっぱなしにして、リンゴマークが表示されるまで辛抱強く待つ(画像2)

これで作業完了。

image

画像1 ホームボタン2回押しによるアプリリストの表示
表示されているアプリの縮小表示を上にスライドすると、そのアプリを終了することができる。2本指または3本指で同時に複数のアプリをスライドすることもできる。

画像2 ホームボタンと電源ボタンの場所

画像2 ホームボタンと電源ボタンの場所
ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続けて、Appleのロゴが表示されるまで待つと強制再起動になる。リンゴマークが表示されたらボタンを離して良い。

おわりに

ほとんどの場合、この方法で改善するはずです。

なんでアプリを終了してからなのかというと、念のため。たぶんいきなり強制再起動でも大丈夫なんですが、iOS が終了前の情報を保持して再起動後に元に戻してくれる機能を持っているので、この親切機能のおかげで不具合も復元されてしまう可能性が小さいけれどあるんですね。それを防ぐためです。

なんで単純に電源をオフにして再度起動するのではダメなのか?というと、これも念のため。たぶんダメではないんですが、終了前の状態の再現を最小限にして、より確実にさらの状態から起動した直後に近づけるためです。

この強制再起動で不具合が解決できない場合は、何かの設定ファイルなどに問題が生じている可能性がありますので、リセットを試してみましょう。
https://iphone-lab.net/iphone-reset-to-keep-good-condition-187024/

それでは、快適なiPhoneライフを!