【極上ハイレゾサウンド】お手頃高級DAC Audiolab USB-C ヘッドホンアンプ

2022/11/23

イギリスのオーディオメーカー Audiolab の USB-C ヘッドホンアンプは、アメリカESS社が開発した上級機向けDACチップES9018を採用した、高音質なオーディオアダプターです。

ES9018は、かつて高級オーディオ機器にこぞって搭載されたDACチップで、どうやったら音質が良くなるのか音響技術者たちによって研究され尽くしています。

今や最高のハイレゾサウンドが手頃な価格で手のひらに乗っちゃいます。

Audiolab USB-C DACヘッドホンアンプ

Audiolab は、イギリスのオーディオメーカーです。

高級なオーディオアンプなども人気な製品ですが、スマートフォンで使えるポータブルアンプも販売しています。

USB-C で接続するので充電が不要。iPhoneに接続するだけで最高のサウンドを再生できます。

\購入はこちら/

Audiolab USB-C ポータブルヘッドホンアンプ

ES9018 DAC チップで極上のハイレゾサウンド

搭載しているのはES9018というDACチップ。

アメリカESS社が開発した高音質なDACチップで、かつては数十万円クラスの高級オーディオ機器にこぞって搭載されました。

デジタル音楽の再生機器としてどんな設計をすると音質が良くなるのか、ノイズが減るのか、これでもか!というほど技術者たちから研究され尽くしているDACチップです。

設計・発売から年数が経過していて、今となっては古いDACチップですが、これほどまでに多くのエンジニアから徹底的に研究されるDACチップはもう二度と登場しないのではないかと思います。

スペックも最大24bit/192kHzと、今となってはやや控えめの数値ですが、身近なハイレゾ音源であるApple MusicやAmazon Music Unlimitedの最高音質がこの設定です。

最近の機器類と比べて数値では控えめですが、設計が良いのでデジタルハイレゾオーディオの細部と迫力のある低音を完璧に再現できます。

デジタルオーディオも、搭載するチップが新しければ良いというものではないのだなと実感させられました。

繊細さと迫力が両立して高級な音質

かつての高級デジタルオーディオプレーヤーに使われまくったDACチップだけあって、とても上品な音です。

高音域の響きが消える間際の余韻が繊細ですね。これは実際に聴いて体験してもらうしかないのですが、高級感のある音ってこういうことだよね!と実感します。

それでいて、低音域に深みと奥行きがあります。

低温にしっかり厚みがあるので、イヤホンを使って音楽を聴いていても上等なスピーカーから音が出て空気を振動させているような雰囲気を感じる音になります。これぞハイレゾ。

音質というのは個人の感性や好みに強く影響されるので、販売店やライターなどのレビューもあんまりアテにはならないものではありますが、高級感のある音ってのを体験してみようと興味だけで手が出せる手頃な値段ではないでしょうか。

全体に癖がない音なので、音楽のジャンルや曲調に合わせてイヤホンやヘッドホンを変える楽しさもあります。

ハイレゾ音源のストリーミングに対応している Apple Music や Amazon Music Unlimited を最高音質で聴けるのに加えて、ハイレゾには対応していない Spotify の音も良い感じにアップグレードしてくれます。

空間オーディオはハイレゾではないのですが、このDACを通して聴くと立体感を維持しつつ繊細さが加わって、何段階もアップグレードされた感じになります。

Lightning 変換アダプターが必要

USB-C 端子で接続しますので、iPhoneで使うには変換アダプターが必要になります。

Lightning 変換アダプターについては、こちらの記事をご参照ください。

ハイレゾに必須!iPhoneでUSB-C DACが使えるLightning変換アダプター

iPhoneでハイレゾUSB-C DACのケーブルを横向きに使えるLightning変換アダプター Audirect LTOC OTG Adapter

使用感

この上質な音の良さはぜひ体感してほしいというレベル。さすがは高級機向けDACチップ。

アルミの本体も高級感があります。

音楽を聴いているときも、ぐんぐん熱くなるということもあんまりないですね。ほんのり暖かくなる程度。安物のポータブルDACには機器やiPhoneがガッツリ熱くなる製品が結構あるので、かなり丁寧に設計していると感じます。

iPhoneのバッテリーもガンガン減っていくという感じでもないです。

ただ、ケーブル部分はちょっと長いかな。もう少し短い方が邪魔にならなかったかも、という印象です。

ある程度ケーブルの長さがあった方が端子部分に負荷をかけないという面もあるので、耐久性を考慮してこの設計にしたのかな、と思います。

何にしても、これほど満足感の高いDACがこの値段で手に入ることが驚きです。

\購入はこちら/

Audiolab USB-C ポータブルヘッドホンアンプ

ハイレゾ音楽をiPhoneで聴こう