AirPods Proの重低音を強くしたい

2022/01/26

AirPods Proのモニター的な素直な音質は個人的に好みなんですが、もっと迫力のある低音にしたいという人も多いようです。

AirPods Proの低音が物足りないと思う場合に、無料でできる確認ポイント、イコライザーの設定と、ちょっとだけ出費があるけど効果的なイヤーチップを紹介します。

探しものは何ですか?

AirPods Proの耳への装着状態を確認

個人的には、AirPods Proのイヤーチップがしっかり耳に装着されていれば、遮音性(ノイズキャンセリングの効果)も低音もしっかり出ると思っています。

低音が物足りないと感じる場合、まずはちょうどいい具合に耳にあたっているか確認しましょう。

AirPods Pro純正イヤーチップの最も効果的な角度などがありますので、こちらの記事で確認しましょう。

イコライザーの設定をしてみる

次に試してみるのは、イコライザーです。

イコライザーというのは、いろんな音域の音を強調したり抑えたりして、好みに合う音質に調整する機能です。

イコライザの低音を強調する設定を試してみると、好みの音に変わるかも。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

標準設定で空間オーディオを使う

AirPods Proは、完全に標準設定で空間オーディオを使うことで、最高クラスの音質になります。

低音についても、深さと太さがある、まるで上質なスピーカーのウーファーが空気を振動させているような低音を味わえます。

まずはデフォルトの設定に戻して、Dolby Atmosの曲を聴くか、ステレオを空間化機能を使ってみましょう。

イヤーチップを交換する

上記の3つを試してまだ物足りない場合、イヤーチップを交換してみると良いでしょう。

イヤーチップの材質や形にもよりますが、低音が強化される効果を感じられる製品もあります。

大抵は二組セットで2千円前後。そんなに高くはないですよね。

低音を強化したい場合のおすすめはこの二つです。

イヤーチップを交換するだけで、こんなにも音が変わるものなのかと驚くはずですよ。

おわりに

AirPods Proの低音が物足りないと感じる場合の、設定変更とプチ改造を紹介しました。

ここまでくれば、大多数の人は満足できる重低音を手に入れられたのではないでしょうか。

ちなみに、僕自身は Symbio のアクセントになるオレンジ色が気に入っていて、これをメインに使っています。

音質的には Azla の Crystal が好きなんですけどね。使うときに毎回ニヤリとできるデザインの良さも大切です。

AirPods Pro はiPhoneと相性が抜群にもどる

探しものは何ですか?