AirPods Proをレベルアップするイヤーチップ「Symbio Eartips」

2022/01/16

お気に入りのAirPods Proの特徴をそのまま、全体をレベルアップする交換イヤーチップが「Symbio Eartips AirPods Pro」です。

純正イヤーチップと同様の快適性を持つシリコンチップの中に、アクセントにもなるオレンジ色のウレタンフォームが入っているのが特徴です。

このハイブリッド構造によって、純正イヤーチップと同等の快適さを保ちつつ、ノイズキャンセリングの効果と低音の迫力の両方が強化されます。

Symbio Eartips AirPods Pro用の特徴

  • オレンジのウレタンフォームがアクセントになってお洒落
  • アップル純正イヤーチップと同等の快適さ
  • ウレタンフォームの効果で遮音性が向上
  • ウレタンフォームの効果で低音の迫力が増加
  • 音質の傾向に大きな変化がない
Symbio Eartips Airpods Pro対応 ハイブリッドイヤーピース (Amazon)

Symbio Eartips Airpods Pro対応 ハイブリッドイヤーピース (楽天)

Apple純正イヤーチップとの比較

Apple純正イヤーチップを3とすると、おおよそ下記の効果が感じられます。

  • 音質: 3~3.5
  • 迫力: 3~4.5
  • 静音(屋外): 3~5
  • 静音(屋内): 3~5
  • 快適: 3.5
  • 落ちにくさ: 2.5~3

点数に幅をもたせている理由は、ウレタンフォームの形がバッチリはまった場合には最大の効果が感じられるけど、そうじゃない時は純正と大差ない感じになってしまうためです。

Symbio Eartips の使用方法

ウレタンフォームが内部に入っているので、自分の耳の穴の形に合わせて変形します。

装着方法1: 純正と同じようにする

純正イヤーチップと同じように、チョンの耳に乗せる感じに装着しただけだと、ウレタンフォームの変形が適切になりません。

最初はグッと押し込む感じにして、ちょうどいいポジションになったらそのまま5〜10秒押さえておきます。

ウレタンフォームが体温で暖まることで柔らかくなって、自分の耳の穴の形にピッタリと合います。こうなったら遮音性と低音の迫力が上がります。

ただ、この装着方法では Symbio Eartips の性能を最大にはできていません。

装着方法2: 最初にウレタンフォームを潰す「装着の儀式」

最高の効果を感じるためには、最初に指でイヤーチップ部分をつまんで細くします。強く握りつぶす必要はないのですが、指で全体をつぶして細くするというイメージです。

細くしたらすぐに耳に入れて、音が一番良く聞こえるポジションに合わせて5〜10秒押さえます。

反対側も同様に指でつまんで細くして、いいポジョンで数秒待ちます。

この準備作業をきちんとすると、Symbio Eartips の性能を最大にできます。

この「装着の儀式」の手間を惜しまないことが、Symbio Eartips を楽しむコツです。

音質の傾向

AirPods Proの元々の音質傾向が、基本的にはそのまま、全体的に向上する感じです。

特に、ウレタンフォームらしい効果で、低音に厚みが出て、音楽全体に迫力が増します。

迫力が増すと言っても、音質の傾向が大きく変わるわけではなく、純正イヤーチップを使っている時と特徴としては変化があまりないまま、全体に音が太くなったような感じになります。

静音効果が大幅アップ

ウレタンフォームの形が自分の耳にピッタリはまると、イヤーチップ自身の遮音性だけでかなり周囲の音を小さくする効果があります。

そこにAirPods Proのノイズキャンセリングの効果が加わると、まさに静寂。めちゃくちゃ静かになります。

これをつけて外出するのはお勧めできないレベルの静かさ。

屋外での使用

線路沿いの歩道を散歩しながら、オーディブルとかポッドキャストとか、音声コンテンツを聴いている時に電車通ると、純正のイヤーチップのノイズキャンセリングではかなり聞き取りにくくなります。

Symbio Eartips がばっちり効果を発揮するポジションに装着できていれば、電車がうるさいなぁと思いつつも音声は十分聞き取れます。この差はすごい。

室内での使用

室内では、エアコンとか換気の動作音とか、結構騒音があるものですが、ほぼ完全に無音になるというくらい静かです。

ただ、装着方法が完全じゃない場合は、純正イヤーチップと大差ない効果しか感じられません。

その場合は、「装着の儀式」を確認して、自分に合ったポシションをしっかり決めましょう。

Symbio Eartips のデメリット

  • 装着方法が上手くならないと、十分な効果を感じられない
  • 体温でウレタンフォームの形が変わるので、ランニングなど運動の時には途中から音質や遮音性に関わる効果が変化する
  • 同じく、運動中は体温による形の変化で落ちやすくなることがある

使ってみた感想

ノイズキャンセリングの効果が絶大に上がって、ものすごく静かになります。いろいろなイヤーチップを試してみましたが、この効果は最高レベルだと思います。

音質の傾向が変化しないまま全体に迫力が増すので、個人的には一番お気に入りのイヤーチップです。

オレンジのアクセントもお洒落で気に入っています。

自分的には一番使っている交換イヤーチップですね。

ただ、ランニングの時にはだんだん形が変わってしまって、落ちそうになったりするところだけが残念です。

最初にウレタンフォームを押し潰してから耳に入れるという「装着の儀式」が必要で、音楽を聴き始めるまでひと手間かかるんですけど、そこが気にならない人には最もおすすめのイヤーチップです。

二組セットで1,800円弱で、意外に高くはないので、興味がある人はちょっとお試しという軽い気持ちで買ってもいいですし、気に入ったら長く使えるので嬉しいですね。

Symbio Eartips Airpods Pro対応 ハイブリッドイヤーピース (Amazon)

Symbio Eartips Airpods Pro対応 ハイブリッドイヤーピース (楽天)

AirPods Pro はiPhoneと相性が抜群にもどる