iPhone標準キーボードのサイズを小さくする方法

2017/09/30

5.5インチサイズの大きなモニターを搭載したPlusシリーズが登場以来、iPhoneの画面サイズは大きくなり、日本語入力に使うテンキーが大きすぎて不便でした。これまではキーボードのサイズを変更するにはサードパーティ製のアプリを使うしかなかったのですが、iOS11でついに純正キーボードも左右のどちらかに寄せてサイズを小さくすることができるようになりました。

キーボードを小さくする

キーボード左下の地球儀マークのアイコンをタップ&ホールド(触ったままにする)すると、キーボード選択ウインドーが開きます。このウインドーの一番下に、キーボードの位置変更アイコンがあります。

真ん中はこれまで通りのフルサイズ表示、両脇は左右のどちらかに寄せた表示になります。

元に戻す場合は、もう一度選択ウインドーから選んでもいいのですが、キーボードの横に表示されている「<」か「>」のマークをタップするだけです。

使ってみた感想

キーボードがぐっと小さく表示されるので、片手の親指でも入力しやすくなりますね。最初からこういう機能が欲しかった!

ソフトウエアのキーボードなんだから、ユーザーの好みに合わせていくらでもカスタマイズできるように作れるだろうと思うのですが、なぜか頑なにそういうことをしない会社なんですよね、Appleは。

全てのユーザーに同じ使用体験を提供するという口実なんですけど、そのくせ左利きのことは無視していてとても同じ体験にはならないというね…

横向きにした時の配置を、左右入れ替えることができるようにしてほしいな。現状は右利き専用なので。

今回縦持ちの時の左右サイズを変えられるようになったことだし、いっそのこと、上下にも少しサイズを変更できるようにしてくれたら、もっと使いやすくなったんじゃないでしょうか。4インチ画面のキーボードと同じサイズにできたら嬉しいんですけどね。

何にしても、部分的とはいえユーザーの好みに合わせた変更ができるようになったのは大きな前進ですね。今後も改善が続くことを期待します。

ついでに言うと、iPad の五十音配列はやめてくれ。誰が使うんだよあんなアホな配置のキーボード。