Apple Music のキモはパーソナライズの精度 – 最強の“おすすめ”機能が音楽の楽しみ方を再発明

2021/04/19

apple-music

Apple って、高い技術力で何かを発明したり新しいものを生み出したりする会社というイメージは間違いで、もともとあるものをうまく使って「再発明」して、ユーザーの生活を変えてしまうほどの影響を与える新提案をする、っていうのがたぶん正しい。

iPod だって、MP3プレーヤーなんていうものは既にたくさん存在していた中で、ホイールをくるくる回して選曲する便利さや iTunes を使って管理できる便利さを加えて、音楽の楽しみ方を再発明したわけです。

Apple Music も、音楽ストリーミングサービスなんてものは既に色々あるのに、Apple らしい特色を加えて音楽の楽しみ方を再発明してくれるサービスとして登場したと個人的には考えてます。「なんだよ、既存のサービスと大差ないじゃないか!」という意見もあるようですが、いろんな人が使っているうちに魅了されて Apple らしさがじわじわと効いてくると思います。

もう Apple Music に関するレビューやいろんな識者の意見なんかも大量に出回っています。人によっては Apple ならではの人力プレイリストの面白さが最大の魅力と言いますし、ラジオ機能が目玉だと言いますし、アーティトが直接おすすめしてくれる Connect が特徴的だと言います。

が、個人的にはユーザーにマッチする曲をおすすめしてくれる機能こそが Apple Music のキモなんじゃないかと思ってます。

どういうことかというと、「For You」というタブを選ぶと、一番最初はフラフラ動いている丸いマークで好きなジャンルや好きなアーティストを選択させられるあれを中心にした機能が素晴らしいんですよ。

first-jimi-hendrix
僕も適当に選択して使用を開始したら、「はじめてのジミ・ヘンドリックス」なんてプレイリストができて、いや、初めてじゃないし、元々すげぇ好きだしw なんて思って聴き始めました。

ところが、最初の選択はまぁ、本当に最初のきっかけでしかなかったんですよ。Apple Music を使っているうちにおすすめされる曲の精度がどんどん上がっていくんです。「はじめての◯◯」を聴いたら絶対に気にいる曲が含まれているはずなので、その曲にハートマークを付けます。Apple はこれを「ラブする」って呼んでるみたいですね。僕の場合、「はじめてのジミ・ヘンドリックス」の一曲目が超お気に入り曲のPurple Hazeだったので、速攻でラブしました。好きな曲にどんどんラブしていくと、Apple Music が自分の好みの曲をガンガン学習していきます。そしてお気に入り曲の再生中に「・・・」アイコンからメニューを開いて、「ステーションを開始」を選択するとその曲をキーとする自分向けのラジオが始まります。

start-station

この選曲がど真ん中ストライクでツボ!

これまで聴いたことがなかった曲も含めて、いいねぇ!と思える曲が次々と流れてくるようになります。当然ラブしまくり。で、さらに学習が進んで精度が上がり続けるという好循環。

気がつくと、完全に Apple の思惑通りに操作をして、Apple Music の魅力に気づいてしまいました。手のひらの上で踊らされているかのようで悔しいですが、実に巧みですね〜。

この自分用にパーソナライズされた専用ラジオでも、お気に入りの曲に星マークをつけて「これと似た曲を再生」を選択したり、イマイチ気分が乗らない曲には「これと似ていない曲を再生」という選択をしていきます。

この選択も学習しているようで、選曲の精度向上に役立っているみたいです。

僕はラジオが好きで日常的によく使う方だし、過去にも LIFE’s radio という国産ストリーミングラジオサービスを全力でおすすめしています。
http://wp.me/pfq11-1vO4

ラジオが好きな理由は、新しい音楽と出会えるからなんですよね。ラジオから流れてくる曲を聴いて、おぉっ!いいな!!と思ったら Shazam で曲を調べたり。で、そのアーティストの曲を色々聞いてみると楽しいですよ。

Apple Music の For You をきっかけとした自分向けラジオなら、恐ろしいほどの精度でツボる曲を流してくるので、新規のお気に入り曲と出会える可能性が大きく広がります。これが楽しい!まさに音楽の楽しみ方の再発明ですよ。

この面白さに出会ってしまうと、無料期間が終わっても使い続ける決心をサクッとしてしまいます。このおすすめ学習機能は色んなレビュー記事でもほとんど触れられていなくて、ほぼ注目されていない機能だと思われますが、実はじわじわと効いてユーザーを虜にしてしまい、Apple Music から離れられなくしてしまうキモになると思います。

Apple Music の他にも LINE MUSIC や AWA があって、大多数のユーザーは料金を支払って有料サービスを使い続けるのはどれか一つに絞ると思いますが、僕は Apple Music にすると心に決めました。

個人的に Apple Music の最大の魅力に気づいたタイミグで、AWA とか LINE MUSIC のブースト祭りで応援する気が失せたってのもあります。
http://app.tokyo/2015/07/07/1733/

まだ再発明レベルの音楽の楽しみ方を試していなかった皆さん、ぜひ一度使ってみてください。一撃必殺で Apple Music の魅力が解るはずですぜ。

※ 当サイトの情報からインスピレーションを得て記事等を執筆する場合は、元記事へのリンクをお願いします。

関連記事