iPhoneでトラッパッドみたいにカーソル移動が可能

2021/04/19

IMG_0289.PNG

iPhoneで文章を書いているとき、文章の途中で文字を削除したり追加したりといった編集をしたくなることがありますよね。

そんな時に、パソコンで使っているトラックパッドみたいにカーソルをするすると動かせたら便利だなと思いませんか?

iPhone標準のキーボードには、カーソルをトラックパッドのように自由自在に動かす機能があります。

トラックパッドみたいにカーソルを動かす

iPhoneのキーボードで、テンキーなら「空白」キーをタッチ&ホールド(触ったまま)にするとカーソル移動モードになって、トラッパッドを操作するみたいに自由にカーソルを移動できるようになります。

3D touch 対応機種の場合は、テンキーでもqwertyでもいいのでキーボードのどこかを強押しするとカーソル移動モードになります。

作成中の文章で修正したい部分があったら、キーボードをグッと押し込む、または空白キーをタッチ&ホールドして、キー部分が白くなったらカーソルを上下左右の希望の方向に動かせます。

IMG_0286.PNG

まさに自由自在。

画面上をロングタップ(指で触ったままにする)で虫眼鏡表示になってカーソルを移動できますが、狙った場所で指を離しても何文字分か動いてしまってイラっとする事ってありますよね。

IMG_0287.PNG

カーソル移動モードはそんな事がなくて、思い通りに操る事ができます。

サードパーティ製のキーボードアプリも、ぜひこの機能に対応していただきたいものですね。

トラッパッドモードで、テキストの選択も可能です。カーソルを選択したい文字のところに移動したら、強押しをします。

カーソルの近くの文字が選択されるので、そのままカーソルを移動すると移動した範囲が選択されます。

IMG_0288.PNG

iPhoneで文章作成と編集が捗るようになりますね。これはいい!

関連記事