ウェブページのURLをLINEに送る方法(iMessageも同じ)

2021/04/19

image

ウェブページを見ていて、気になった話題を友達に教えたくなることってありますよね。そのページのURLを、iOS標準の共有機能を使ってLINEとかiMessageで送ってあげましょう。

設定する

【ステップ1-1】
Safariで送りたいページを開いた状態で、画面下の送信ボタンをタップします。

image

【ステップ1-2】
まだLINEを送り先アプリとして登録していない場合は、右へスクロールして「その他」をタップします。

image

【ステップ1-3】
LINEをオンにして、右側の三本線のアイコンで上下に移動、好みの順番に入れ替えたら、画面右上の「完了」をタップします。

image

メッセージを送る

【ステップ2-1】
共有先としてLINEのアイコンが現れるので、そこをタップします。

image

【ステップ2-2】
「送信先」から友達を選んで送ります。

image

これだけ。

iMessage(Apple純正メッセージ)とかFacebookのMessengerに送りたい場合でも方法は同じです。

共有のアイコンでTwitterを選べばURL付きでツイートできますし、Facebookを選べばウォールに投稿して共有できます。

Safari以外のアプリ、例えばYahoo!ニュースとかSmartNewsとかだと、共有ボタンが画面の右上にあったりしますが使い方は同じです。

友達に教えるのではなくて、自分のメモとして保存しておきたい場合は、同じ方法でEvernoteに保存するのがいいと思います。
https://iphone-lab.net/evernote-ios-8-share-widget-406408/

関連記事