Evernote は共有機能・クイックアクション・ウィジェットで超絶便利!

2014/09/18

はじめに

Evernote は何でもかんでもストックするために、以前から便利に使ってきました。iOS標準の共有機能、クイックアクション(3D touch)、通知センターのウィジェットを使うと、さらに便利になります。

共有機能

iPhoneではアプリ間のデータの共有機能が強力で便利ですが、Evernote は当然対応しています。

例えば、Safari で開いたウェブページを Evernote に保存してメモとして残したい場合、共有を許可しておけば直接保存先として選択できます。

共有機能の許可をする方法は、画面下部の共有ボタンをタップします。

2014-09-18_13_03_04

共有に設定されているアプリのアイコンを横方向にスクロールして、一番右にある「その他」をタップします。

2014-09-18_13_03_28

「アクティビティ」というリストが表示されるので、Evernote をオンにします。

2014-09-18 11.24.30

共有ボタンをタップした時に Evernote のアイコンが表示されるようになります。Safari なら、このアイコンをタップすると表示されている記事のタイトルとメイン部分だけがほぼそのままEvernoteに保存されます。記事以外の余計な部分は保存されるメモに入りません。

保存先のノートブックを選択することも出来ます。

2014-09-18 13.04.01

これは便利!

僕は読んだウェブページは基本的に全部、Evernote に保存しています。あとから何か気になったことや思い出したいことが出てきたときに、Googleでの検索から完全にやり直すより、Evernote 内を検索する方が「以前に読んだことがあってもう一度読みたい記事」に簡単にたどり着けるからです。そのためには少ない操作数で簡単にEvernoteに保存できる機能はありがたいです。

Android は以前から共有機能が柔軟に設計されているので、同様のことが可能でしたが、iOS 版の方が Evernote への保存に関しては便利になったと感じています。

ウェブページを友達に知らせたい場合も、基本的には同じ操作でメッセージを送ることができます。

https://iphone-lab.net/send-url-to-line-friends-434175/

クイックアクション(アイコン長押し又は3D Touch)

アプリのアイコンを長押しするか、対応機種でぐっと押し込むと表示されるメニューが、クイックアクションです。

Evernoteの場合、メニューに下記の項目が含まれます。
・新規ノート
・写真を撮影
・リマインダーを設定
・検索

IMG_0673

どの機能も、アプリを立ち上げてから作業を選択するより、このクイックアクションのメニューから選択した方が少ない操作数で作業を開始できます。これは便利!

何かメモをしたいことが発生した時、Evernoteのアイコンをぐっと押して「新規ノート」を選択すればすぐにメモを書き始めることができます。欲を言えば、書き始めの1行目を自動でタイトルにしてくれるという設定も搭載してくれたら完璧なんですけどね。

誰かから名刺を受け取った時、との場でEvernoteのアイコンをぐっと押して「写真を撮影」を選択、名刺取り込みモードで保存してしまえば管理も楽になります。

備忘録としてEvernoteを使っている場合も、忘れてはいけないことができた時にすぐアイコンを押し込んで、「リマインダーを設定」で作成しちゃいましょう。

Evernoteは何でもかんでもとにかく保存しておいて、思い出さなきゃいけない必要が生じた時にサクッと検索できるのが大きな魅力ですよね。クイックアクションのメニューからすぐに検索できるのは、地味なんですけど便利さとしては強烈に向上します。

ウィジェット

Androidの便利機能の代表的なウィジェットが、今はiPhoneでも使えるようになっています。Evernote はもちろん対応しています。

ホーム画面一枚目で画面を左から右へシュッとフリックします。画面の右上に「+」ボタンがあるのでタップして、ウィジェットを追加できるアプリのリストを表示します。

Evernote の「+」ボタンをタップして、ウィジェットに追加するだけで利用可能になります。

2014-09-18 13.22.33

表示する順番は自由に変更できるので、Evernote は上の方に置いてすぐに使えるようにした方が便利ですね。

2014-09-18 14.19.12

テキストの入力や画像の送信など、Evernote の使いたい機能を通知センターから呼び出してすぐに使えるようになるので、とんでもなく便利になります。Evernote アプリを立ち上げてから使いたい機能を選択するより、ずっと早く作業に取りかかれます。

ダウンロード

Evernote 10.0(無料)(掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 135 MB)

App Store