iPhoneの日本語入力で文節を変更する方法ふたつ

iPhoneで文章を書いていると、文節の区切りが違っていて思い通りに漢字変換が行われないことがありますよね。

文節の区切りをサクッと変更できたら、日本語入力のストレスが減るし効率が上がります。

文章作成のコツは長く入力

最近のiPhoneの純正日本語入力・かな漢字変換機能(Apple IM)は賢くなっていて、文節のつながりや文脈を考慮しながら言葉を選んでくれます。

この機能・性能を最大限に活用する文字入力方法は、できるだけ長く文章として入力することです。

スマートフォンで日本語入力していると、単文節とか短い言葉の単位で入力・変換・確定をしている人も多いのではないでしょうか。

単文節での変換をするのをグッとガマンして、一文を一気に入力してみると、文章作成の効率が上がると思います。

こういう日本語入力方法をしていると、キーボードアプリが認識した文節の区切りが、日本語として正しいんだけど自分が入力したい言葉とは違っているということが起こります。

その文節を一つだけ修正してあげると、他はもうばっちりな漢字変換になってくれることが多いです。

それでは、文節を変更する方法を把握しましょう。

文節変更方法1: カーソル移動モード

iPhone純正の日本語入力キーボードを使っている場合、すごく便利なのがカーソル移動モードです。

ノートパソコンのトラックパッドみたいに、iPhoneのカーソル位置を左右はもちろん上下にも自由自在に移動することができます。

方法は簡単で、文字キーではないところをロングタップ(長押し)します。

ロングタップというのは、2秒くらい触ったままにするという操作です。

これでキーボードの文字表示が消えて、カーソル移動モードになります。

カーソル移動モードになったら、パソコンのトラックパッドみたいに指を滑らせれば、カーソルの位置を自由自在に移動することができます。

文節の区切りを変えたいところにカーソルを移動して指を離せば、文章入力の最初からカーソルを置いたところまでで最初のかな漢字変換が行われます。

ちなみに、日本語入力中ではない時にもカーソル移動モードは便利に使えて、文章の選択も可能ですので、この技を覚えておくとiPhoneでの文章作成がとても捗ります。

文節変更方法2: 指でタップ

文節の区切りを変更する方法はもう一つあって、変更したい文字を直接指でタップします。

カーソル操作よりも直接的・直感的な方法なので、こっちの方が簡単で馴染みやすいかもしれません。

ただ、狙った文字とはちょっとズレたところにカーソルが入ってしまったり、予期せず確定されてしまったりということがあるので、個人的にはトラックパッドみたいにカーソルを移動する方法をお勧めします。

文章作成効率が上がる

思い通りの言葉に変換できるようになると、文章作成の効率がぐんと上がりますね。

Apple IM はiPhone・iPad・Macのどれもほぼ同じ性能でかな漢字変換をしてくれるので、iPhoneも十分に文章を書く道具として使えます。

iPhoneを使うと最速でユーザー辞書に単語を登録できますし、iCloudを通して自分が使っているデバイス全部で同期されますので、どれを使ってもほとんど同じ感覚で日本語入力ができます。素晴らしい。