iPhoneでローマ字入力する方法

2020/12/11

iPhoneの日本語入力で、パソコンで使い慣れたQWERTY配列のローマ字入力を使いたいですか?

フリック入力をしない人は、キーボードの設定でローマ字入力用のQWERTYを追加することができます。

ローマ字入力の設定方法と、キーボードの選択方法を解説します。

QWERTY配列のローマ字入力キーボードを追加する

iPhone購入時の標準状態では、テンキー配列を用いたフッリク入力が日本語入力キーボードとして設定されていると思います。

普段パソコンでローマ字入力で文章を書いている場合、iPhoneでも使い慣れたQWERTY配列でローマ字入力を行いたいと思う人もいますよね。

iPhoneでは、キーボードも画面に表示されるソフトウエアですので、好みに合わせて変更・選択をすることができます。

それでは、ローマ字入力用のキーボードを追加してみましょう。

設定アプリを起動 > 一般 > キーボード > キーボード

iPhoneでキーボードを追加する

と進みます。この2回目に登場した「キーボード」のところに、「日本語ーローマ字入力」というのがなければ、この画面の下にある「新しいキーボードを追加…」に進みます。

「推奨キーボード」の中に「日本語」があるので、ここに進みます。

「ローマ字入力」というキーボードが出てきますので、これにチェックマークを入れて、右上の「完了」をタップします。

iPhoneにローマ字入力キーボードを追加

これで「日本語ーローマ字入力」というキーボードが追加されました。

それでは、ローマ字入力用のキーボードを選択して入力してみましょう。

ローマ字入力用キーボードを選択

何かアプリを起動して、文字入力の状態にします。

切り替え方法1: 地球儀マークをタップ

標準状態ではテンキー配列のキーボードが表示されます。キーボード左下の地球儀マークをタップすると、キーボードが切り替わります。

切り替え方法2: 地球儀マークをロングタップ

木忠義マークをロングタップ(指で触ったまま2秒位待つ)すると、キーボードのメニューが表示されます。

メニューの中から「日本語ローマ字」を選択します。

メニューからキーボードを選択する

これでローマ字入力のキーボードが表示されました。

ローマ字入力の使い方

パソコンと同じように、ローマ字入力で文章を書いていきます。

キーの上に変換候補が表示されるので、変換したい文字を選択します。

iPhoneのローマ字入力で文章を書く

おわりに

iPhoneのキーボードで、ローマ字入力による日本語入力を行う方法を解説しました。

身近な所に「慣れた操作方法で文字入力できるのが一番楽ちん!」というフリック入力をしない人がいたら教えてあげてください。

個人的には、文章を書くスピードはパソコンのローマ字入力よりiPhoneのフリック入力の方が早いです。

フリック入力ならではの裏技を使うからでもあるのですが、この使い方を覚えると文字入力が高速化して便利ですよ。

フリック入力を簡単に身につけるコツと練習方法を解説した記事もありますので、こちらも合わせて教えてあげていただけると嬉しいです。