「その他」がストレージを圧迫する場合の解決方法

2021/04/19

iPhoneやiPadを使っているうちに肥大化する「その他」。新しいアプリをインストールできなくなったり、何か作業をするたびに「ストレージがいっぱいです」というメッセージが出たり、なかなか厄介ですよね。

何がストレージを圧迫してるんだろ?と気になっても、ユーザーが内容を確認したり削除することはできないんです。

解決方法はiTunesで復元

この問題は、トラブル解決方法としてよく使われる「強制再起動」や「リセット」では改善しません。iPhoneやiPadを初期化して復元する必要があります。

初期化というと怖い感じがするかもしれませんが、作業自体は簡単です。ちょっと時間がかかるかもですが。

初期化・復元の手順

復元を行って快適な環境を取り戻す作業の手順は、iPhoneでもiPadでも同じです。この記事のスクリーンショットはあいほんのものとiPadのものが混ざっていますが、細けぇ事は気にするな。

1. iPhone/iPadを探すをオフ

設定アプリを開いて、
自分のアカウント > iCloud
と進みます。

「iCloudで使用しているAPP」の中に「iPhone/iPadを探す」があるので、タップしてボタンが表示されたらオフに切り替えます。

2. ケーブルでパソコンに接続

本体に付属してきたケーブルでパソコンに接続します。市販品のケーブルは、充電はできるけどデータ通信ができないものもあるので、データ通信ができるものを使います。

使うパソコンはMacでもWindowsでも大丈夫です。最新版のiTunesがインストールしてあれば。

3. バックアップを作成

iTunesの中で接続したiPhone/iPadを選択して、保存先をiTunes内に設定して「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。

4. iPhone/iPadを復元…

バックアップの作成が終わったら、復元を開始します。

5. 終わるまで待つ

iPhone/iPadが再起動されたり、途中で何か操作の指示が出ることもありますが、基本的にはただ終わるのを待つだけです。

6. バックアップから復元

初期化とシステムの再インストールが終わると、iPhone/iPadが起動してiTunesに接続した状態になります。

購入直後と同じ、完全にまっさらな状態です。

新規のiPhoneとして登録するか、バックアップから復元するかを選択します。普通はバックアップからの復元でしょうね。アプリが全部ダウンロードされるまでとなると、結構な時間がかかります。

ここで新規の登録を選ぶと、ソフトウエア的なトラブルがあった場合でも解決するので、まちがいなく快適になります。アプリの再イントールとか全部手動になりますが、本当に必要なものだけに厳選されるという効果もあります。
それでも、iCloudに保存してある写真などはそのままですので、データ的には困らないのではないでしょうか。LINEとかのメッセージは消えますが、古い会話を読み返すことなんてないでしょ?

空き容量が回復してスッキリ!

それまでどんな使い方をしていたかにもよりますが、大抵の場合はストレージの空き容量が大きく増えると思います。

iPhoneもiPadも、ストレージの空き容量が足りなくなると全体に動作が遅くなったり、アプリの切り替えがもっさりしたり、操作の快適さが低下することがあります。そうならないためには、容量の10%以上の空きがある状態をキープするのがコツですね。

全て終わるまで小一時間ほどかかるので気軽にできる作業ではありませんが、時々復元すると快適な状態をキープできます。

関連記事