OneCam – マナーモードで無音、充実したマニュアルモードで上級者も納得のカメラアプリ

2021/04/20

iPhone本体をマナーモードに設定すると、連動して無音撮影ができる高画質カメラアプリです。

充実したマニュアル設定モードを搭載していて、カメラ上級者も納得できる撮影機能が特徴です。

アップデートも頻繁に行われているので、新OSへの対応が遅れることもなく、セキュリティの面などからも安心して使えるカメラアプリです。

マナーモードで無音撮影

眠っている子供やペットを撮影したり、カメラアプリのシャッター音が邪魔になる場面は日常の中でもよくあります。

OneCam は、iPhone本体のスイッチをマナーモードにするか、ボリュームボタンやウィジェットを使って消音に設定すると、連動して無音で撮影できます。

手ブレを防ぐ1秒タイマー

iPhoneのカメラを使った写真撮影では、画面上のシャッターボタンを触って撮影するのが一般出来ですが、これが手ブレの防止に関しては不利な操作方法です。

撮影するときに、タイマーを設定して全力で手ブレを防ぐ姿勢で撮影するというのは、手ブレ防止にかなり有効なテクニックです。

この時に3秒待つというのは意外に長いものなので、1秒に設定できるのはありがたい。写真撮影のことをよく考えられた機能です。

シンプル操作のクイックプレビュー

写真を撮った後、片手のスワイプのシンプルな簡単操作で素早くプレビューを見ることができます。

カメラ画面を上向きにスワイプをすると直接写真ビューを表示できます。ダブルタップで拡大して、詳細に確認できます。

写真ビューを下向きにスワイプすると、キャンセルボタンを押した時と同じように撮影画面に戻ります。

左右のスワイプで前後の写真も表示出来ます。OneCam で撮影した写真だけでなく、アルバムに保存されている写真もこの操作で見ることができます。

露出やフォーカスのマニュアルモード

OneCam の設定からマニュアルモードをONにすると、ワンタップでフォーカス固定、赤い枠を動かすと明るさ(露出)を調整できます。さらに、露出をロックして撮影できるモードもあります。

露出を合わせたい被写体にロックして、構図を変えて撮影するという操作はよく使うので、このモードがあるのは嬉しいです。

ガイド表示で構図を決めやすい

撮影画面に三分割のガイドを表示できるので、構図を決めるときに便利です。

写真を撮影する際に、後からトリミングして構図を決めるという前提で被写体を真ん中に置いて撮影しておくという方法もありますが、シャッターを切るときにもう構図を決めているという場面の方が多いと思います。

ガイドラインの表示があると、構図を決めるのに役立ちます。

ズームが綺麗

拡大(ズーム)してもあるところまでは画質がかわりません。(注 : リアカメラのみ)

食べ物の写真など、近寄ってアップにしたい場合もよくありますが、実際に近づくと影が映り込んだりしてイマイチなことがあります。

ズームで影の写り込みを防ぎつつ、画質も変わらないのは便利ですよ。

簡単なシェア

写真を撮影したら、InstagramなどSNSですぐにシェアしたいですよね。

OneCamは、カメラ画面や写真ビューで画面を上から下にスワイプすると、シェアシートが表示されます。

アプリを切り替える必要が何ので、撮影からシェアまでの作業の流れがスムーズです。

(公式のInstagram 、Twitter、Facebook等、アプリがインストールされている必要があります)

シェアシートの下段のコピーを選べば、クリップボードにコピー出来ますので、メモに貼り付けるなど使い方に便利です。

OneCam の機能

  • 望遠レンズと標準レンズの切り替え(対応機種のみ)
  • ファイルの保存サイズが小さくなるHEICフォーマット(対応機種のみ)
  • 3D Touchに対応!(起動したら写真が撮れるiPhone初の最速モード搭載!)
  • 本体左側のサイレントスイッチで有音、消音を切り替え
  • ホワイトバランス、フォーカス(ロック対応) 、露出(ロック対応)
  • デジタルズーム x10(あるところまでは画質が綺麗で変わらない)
  • ジオタグ(位置情報)、ライト、グリッド、写真サイズの表示
  • カメラロールの閲覧(ズーム、回転対応)
  • 写真の削除
  • メターデータやExif, GPS情報の表示
  • メール、Twitter等たくさんのサービスへ投稿(スワイプでの簡単操作))
  • Twitterのハッシュタグ
  • iPhoneの明るさ調節
  • 日付+時間スタンプ(白、黒、オレンジ)
  • セルフタイマー、タイマー+連写(バーストモード)
  • 連写(バーストモード)枚数設定可能

(注意 : IPhone8以上の機種は全てのサイズで連写出来ます)

【解像度】

iPhone X 以上の全画面サイズ (4032×1862)

セルフィー(フロント)カメラ (3088×2320) (iPhone7以上の機種)

iPhone SE, 6s 以上の機種

■ 最高解像度(4032×3024 , 3024×3024)

■ 4Kオーバーサイズ(4032×2268)

■ 一眼レフ比率 3 : 2(4032×2688)

iPhone6 Plus 以下の機種

■ 高解像度(3264×2448 , 2448×2448)

■ 4Kオーバーサイズ(3264×1836)

■ 一眼レフ比率 3 : 2(3264×2176)

1600×1200、1200×1200

1280×960(工事などの電子納品対応サイズ)

ダウンロード

OneCam 高画質マナーカメラ 〜上スワイプで写真すぐ確認 6.6.0(¥250)(掲載時)
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto(サイズ: 2.3 MB)

App Store

関連記事