いつでもなんでもスイスイ書ける “デジタルの紙”「MetaMoJi Note」

2016/03/05

metamoji-note

【概要】
iPad・iPhoneなど、あらゆるスマートデバイスにて、まさに紙とペンのように情報を入力し、再活用することができるノートテイキングアプリです。

【ダウンロード】
MetaMoJi Note – 手書きノート&PDF+録音
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥960 (掲載時)
販売元: MetaMoJi Corporation


ss1 ss2 ss3 ss4 ss5

【詳細】
こんな事ができます

  • 指でもスタイラスでも使える、シンプルで直感的なユーザーインターフェース
  • 紙の資料をPDFにして、Note Anytimeで注釈などを書き込み、PDFで送信
  • 無料のクラウドサービスに自動同期、Android・Windowsなどあらゆるプラットフォームでデータ共有
  • 自由自在な拡大/縮小で、緻密な文書作成 2500倍の拡大・縮小に対応
  • デジタルでもスラスラの書き心地を 紙とペンのような書き味追求
  • 豊富な用紙・アイテムで多大な表現力を獲得
  • 手書き変換入力「mazec3」(有料アドオン)との連携で更に高機能化

ノートの拡大・縮小表示が自由自在なので、図を書いていて細かいところに書き込みたいときはピンチインでズーム、書きやすい大きさでスムーズに書き込んで、ピンチアウトで元の大きさに戻すという使い方ができて、紙のノートよりも便利なんです。

文字の入力も、認識効率のいいアドオンを使うことで、手描きでサクサク書くことができます。

僕の場合、手書きでも漢字を思い出せないことが頻繁にあるので、特に急いで書きたい場面ではひらがなで書いておいたりすることもあるんですけど、ひらがなで書いて漢字に変換することもできるので、最もストレスの少ないノートの取り方だと感じています。

文字入力は更に便利な機能があって、手描きで入力しておいて、テキストデータに変換するのは後から行うという使い方もできます。

これがとても優れもの機能でして、ノートをとっている場面では話を聞くことにしっかり意識を向けておくことができて、ざーっと手書きで書き殴っておいて後で変換するとキレイに記録を残せるだけではなく、変換時に読み返すことになるのでしっかりとした復習にもなるんです。大学生には特にお勧めしたい使い方ですね。

最近は講演会などでもノートパソコンでメモをとっている人をよく見かけますが、キーボードをカチャカチャと叩く音って結構耳障りなんですよね。iPadで手書きだと、周囲の人の迷惑にもならないのが良いです。

全体としてはとても便利なアプリなんですが、iCloud 経由か Evernote 経由で同期できないのが残念ですね。これができれば、iPhoneのSpotlightからノートを検索できるので便利です。記録したメモが増えると、検索機能を使えるかどうかはとても大きな意味を持ちますので、わりと致命的な欠点かな〜

Spotlight検索が使えない以外は、文句なしにお薦めのアプリです。

関連記事