詐欺メールを簡単に見破って、迷惑メールに登録する方法

2021/04/19

spam-box

アカウント情報を盗もうとする詐欺メール・スパムは絶えませんね。うざい!

先日もスクエア・エニックスを語る詐欺メールが来たばっかりですが、今度はクラウドサービBboxを語る詐欺メールが来ました。

大切な個人情報を取られないように、iPhoneの標準搭載メールアプリで詐欺メールを見破って、迷惑メールフィルターに学習させる方法を紹介します。

迷惑メールの見破り方

spam-box2

メールの内容を読むと、「Box に画像がアップロードされたよー」ってことなんだけど、リンク先は全然別の詐欺メール。

リンクになっているところをロングタップすると、リンクされているアドレスを確認することができます。

spam-box3

http://〜 のところを確認すると、リンク先は全然関係ないサイト。当然、なんらかの情報を盗もうとしていると考えて間違い無いでしょう。

おそらく、ログインさせるように見せかけたサイト構成になっていて、騙されたユーザーにIDとパスワードを入力させて、アカウントの情報やファイルなどを盗むつもりなんでしょう。

同じIDとパスワードを別のサービスでも使っていると、そっちの情報も盗まれます。

それを防ぐためには、各サービス毎に別のパスワードを使いましょう。

迷惑メールに登録して学習させる

こういうウザいメールを見ないで済むように、迷惑メールフィルターにはしっかりと学習してもらいましょう。

画面左下の旗マークのアイコンをタップして、「“迷惑メール”に移動」を選択します。

spam-box4

こうすると、詐欺メールを迷惑メールフォルダーに移動して、受信箱から見えない状態になります。

迷惑メールとして登録されたメールの内容は、迷惑メールフィルターのアルゴリズムが内容を解析して、今後の対策のために学習します。

スパマーどもはとっとと絶滅してほしいわ。

関連記事