SoftBankの通信速度制限がいよいよ時代遅れになったな

2014/02/27

個人的に、iPhoneを日本に導入したことについても、日本で普及させる土台を作ったことも、世界で最も安く維持できる環境を構築したことも、SoftBankの功績だと高く評価しています。

最近はつながりにくい場所もずいぶんと少なくなって、日常で不満を感じることはまずなくなりました。LTE・3Gともに通信速度が早くて、十分満足しています。

しかしですね、通信速度制限のやり方については、もう時代遅れになってるよな、と思います。

softbank_lte

特にVoIPの制限はよくないな。

softbank_speet_limit

ご利用の際に通信制御することがある内容について

VoIPというのは Voice over Internet Protocol のことで、インターネット通信回線で音声通話を行う技術のことです。具体的には、FaceTimeとかSkypeとかLINEの通話機能などがこの技術を使っています。もうキャリアメールなんか誰も使わないとと一緒で、キャリアの音声通話なんか誰も使わないというのが当然のことになる日が近づいていると思います。

VoIPが使えるメリットとしては、パケット通信上での通話なので、追加料金が発生しない。つまりタダで電話ができるというのもありますが、もっと大きなメリットは災害時等の通常の音声通話回線がパンク状態になる様な場面でも、VoIPによる通話は安定して利用できる可能性が高いと言うことがあげられます。

インターネット自体が元々、トラブルに強いネットワークとして設計されたものですから、ある意味当然かもしれません。

このVoIP通信を制限するというのは、iPhone等スマートフォンを使うメリットを大きく損なうことになりますよね。

しかも、ソフトバンクは

通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために、パケット定額サービスにご加入で一定期間に大量の通信をご利用される一部のお客さまに対して、通信速度の制御を実施する場合があります。

とか

ご利用の際に制御することがあるコンテンツ・サービス

という、「制御することがある」なんて表記してますけど、実際かなりガッツリと速度制限しますよね。特に夕方から夜にかけては、速度制限によってVoIPはほぼ使い物になりません。

これに加えて、直近3日間で1GB以上の通信を行うと速度制限されるという決まり事は各キャリアとも共通なのですが、auやdocomoは単にパケットの優先順位を下げるという形での制御をしているので、ユーザーは速度制限されたことになかなか気づかないということもあるのですが、SoftBankの場合は128Kbpsにガツンと速度を落とすので、明らかに「ペナルティを受けてる!」と実感するんですよね。

この速度制限のやり方って、MNPで他社に移る理由として十分なものになるかもしれませんので、出来るだけ早く変更してほしいと思いますね。

【追記1】
結局、ソフトバンクには愛想が尽きて、格安SIMサービスの一つ IIJmio に MNP で移りました。
https://iphone-lab.net/mvno-iijmio-427673/

MNP して実感していることは、SoftBankは本当にユーザーメリットなんか考えていない業者だったなということ。本来なら、IIJmio の様なサービスが普通でなきゃいけないはずなのに、すごく「自由だ〜!」と感じますからね。

もし MVNO をやめて通信キャリアに戻ることがあったとしても、SoftBankだけは選択肢に入りませんね。