iPhoneの時計で秒針を確認

今何時?って思った時、基本的に何時何分かわかればいいことが多いですが、秒まで知りたい時もありますよね。

iPhoneの時計アイコンに秒針があって、実は正確に表示しているって気づいてない人が意外に多い。

時計としてのiPhone

iPhoneの画面上部にデジタル時計が表示されていて、大抵の場合はアプリを使っているときもそのままなので、時間が分からなくて困る時はあんまりないです。

ロック画面には大きく時計が表示されるし、時間を知りたい時は画面を見れば事足りることがほとんど。

Apple Watchとか腕時計をしている人ならほとんどどうでもいい話。

でも、携帯電話が普及してから腕時計はしない派の人もまだ多くいるし、日焼けの跡が白く輪っかになって残るのが嫌いだという人もそれなりにいます。

そんなわけで、今でもiPhoneが時計だ、という人も結構いるのではないでしょうか。

何秒なのかまで知りたい

状況によると思いますが、予定が色々ある時なんかは今が何時何分なのかだけじゃなく、その何分があと何秒あるのかまで知りたい場面もありますね。

そんな時は、iPhoneの時計アプリのアイコンを見ましょう。

アイコンにはオレンジ色の細い線で秒針が表示されていて、今は何時何分何秒なのかが正確に表示されています。

細すぎて見づらいかもしれませんが、ぱっと見で秒針までわかるので大抵の場合はこれで十分なのではないでしょうか。

芸達者な純正アイコン

時計アプリのアイコンはそのままアナログ時計になっていて、なかなか芸が細かいなと感心しました。

カレンダーアプリのアイコンも、今日の日にちと曜日が表示されていて、カレンダーを開かなくても把握できるのでよく考えられてますよね。

何か書類を書いている時とか、日付と曜日をパッと確認したい時なんかはアイコンを見るだけで済んでしまいます。

時間を知りたい時、日付や曜日を知りたい時って、こんな感じにサクッと確認できたら良いという場面が多い気がします。

アプリを開かなくても用事が済む工夫がされているのって、良いではないですか。