クイックアクションでSNSの使い方が変わる

2021/04/27

アイコンを1〜2秒触ったままにするとクイックアクションと呼ばれるメニューが表示されるんですが、この機能によってソーシャルネットワークサービスの使い勝手がとても良くなりますね。


Twitterに何か思いついたらサクッと書き込めるので、投稿の気軽さが心地よいと思います。

普通の作業として、アプリを立ち上げる → 投稿のアイコンをタップする、という操作もそんなに煩わしいものではないですが、メニューからポンと選択できるのは気分的な負担がずっと小さいです。

SNSが楽しいかどうかって、気軽に投稿できるかどうかがとても大きな影響をしてると思うんですね。

Instagramもメニューからポンっと写真をアップできるので、クイックアクションが搭載される以前よりも投稿したくなる回数が大きく増えました。

クイックアクションを使いこなすことで、ソーシャルの使い方が大きく変わるかもしれません。

SNS意外にも、メールアプリやメモアプリなど様々なアプリがクイックアクションに対応していて、よく使う機能をアイコンからすぐに呼び出せるようになっています。

よく使うアプリのクイックアクションを確認してみたら、アイコンをタップしてアプリを立ち上げる一手間を省いて便利に使えるようになるかもですよ。

ぜひこの機能をお試しあれ。

関連記事