AppleがiPhoneを落としても画面が割れない特許を出願したらしいけど、意味ないよ絶対…

2021/04/19

iPhone の故障で多いのは水没と画面割れ。どちらも普通の使い方をしていても、ついうっかりで起こり得る強い失敗ですね。“やっちまった”時の修理代金も安いものではないし、防げるなら防ぎたいですね。

おそらく画面割れで修理になる場合が飛び抜けて多いのではないかと思いますが、Apple Store での修理代金もApple Care+での補償額も、画面割れは別枠の扱いになってます。
https://iphone-lab.net/applecare-for-iphone-432867/

そういう背景があってかどうかはわかりませんが、Appleが画面割れを防ぐための特許を出願したそうです。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/26/iphone-protector_n_8387818.html

iPhone20151026_1
iPhone20151026_2

iPhone を落としてしまったことをモーションセンサーが感知して、本体の四隅からプロテクターが飛び出し、衝撃を吸収する仕組みだそうです。

・・・・・・
意味ねーだろ…
一発ギャグを狙ってるのかよ…

画面が割れる時って、地面に画面正面から綺麗にぶつかるよりも、角から落ちて衝撃が一点に集中する場合でしょうに。

それで iPhone 6 のガラスが丸みをもってフレームよりも外側にはみ出しているデザインになって、地面に最初にぶつかるのがガラスの角だからどぉーーんと画面割れトラブルが増えたんではないでしょうか。

それに、そんな触手みたいなプロテクターが飛び出す場所があるデザインって、すげぇダサくなるのではないかと思います。ただでさえデザインが変わるたびにがっかりしてるのに。
https://iphone-lab.net/iphone-design-change-dont-like-406372/

まずはプロテクト性能と機能性を併せ持ったデザインにすることが先だよな。

関連記事