Macを高速にクリーンアップするアプリ「BuhoCleaner」

2021/04/19

「BuhoCleaner」は、クリックするだけの簡単操作で不要なファイルや重複ファイル、大容量ファイルを削除してストレージの空き容量を確保することで、Macを常に快適な状態に保つためのメンテナンスソフトウエアです。

クリーンアップでもっさりを解消

コンピューターを使用しているうちに蓄積する様々なファイルの中には不要なものも多くあり、ストレージ内に大量に存在することでシステム全体の動作に悪影響が出る場合があります。

購入当初は快適に動作していてはずなのに、最近なんとなくもっさりする感じがするなぁと思ったら、ストレージのクリーンアップを試してみると改善するかも。

BuhoCleaner特長

  • シンプル画面&かんたん操作
  • macOS BigSur及びApple M1に完全対応
  • Macのディスククリーニングに特化 
  • 不要なアプリを徹底削除
  • 重複ファイル及び大容量ファイルの削除
  • アップデートは永久無料
  • リーズナブルな価格で高いコストパフォーマンス

操作は簡単

製品がウリにしている簡単操作はまさに言葉の通り、目的の作業をクリックするだけで完了です。

BuhoCleanerの値段

一度購入すると永久にバージョンアップが受けられるというライセンス形式です。

  • シングル(1台のMacで使用可能): 1,980円 → 980円
  • ファミリー(3台のMacで使用可能): 2,980円 → 1,480円
  • ビジネス(10台のMacで使用可能): 5,980円 → 2,980円

現在、約半額になるセールが行われています。

ライセンスはユーザーに対してではなく、Macの台数ですので注意が必要です。

一人で2台のMacを使っている場合には、2本のライセンスが必要になります。2本購入するより、3台にインストールできるファミリーライセンスにした方がお得ですね。

BuhoCleanerのデメリット

アプリの機能の特性から、Appleがユーザーのセキュリティを確保するために App Store で配布されるアプリには認めていない動作や、システムに関するファイルや領域へのアクセスを許可する必要があります。

問題ないかとは思いますが、もし Dr. Buho 社がなんらかの悪意を持ったプログラムをこのソフトに仕込んでいた場合、プライバシーに関する問題が発生する可能性があります。

Dr. Buho 社を信頼して、自分のMacのそのような領域へのアクセスを認めるかどうかはユーザーの責任で判断することになります。

ただ、Dr. Buho 社のウェブサイトで会社概要(Dr. Buhoについて)を見ても会社に関する情報が全くと言っていいほど書いていないので、判断に必要な材料や根拠が見つからないと個人的には感じました。

動作は高速

BuhoCleanerの動作は高速で、不要なファイルの削除がスムーズに進行します。

月に一回とか、ある程度定期的にクリーンアップを行なって、Macのストレージの状態をメンテナンスしていけば、購入当初の快適な状態を長期間維持できるのではないかと期待できます。

メンテナンスは大切

M1 Mac は驚異的な処理性能で快適ですが、全くメンテナンスを行わないで使っていると、だんだんとその快適さが失われていく可能性があります。

日頃から不要なファイルを削除するようにメンテナンスすることは大切なので、ストレージのクリーンアップソフトを使用することには大きなメリットがあると思います。

BuhoCleanerは最新のmacOSであるBig Surにいち早く対応しただけでなく、Apple silicon (M1) にも完全対応するという開発のスピード感も素晴らしいと思います。

ダウンロード・購入

デメリットの項目のところで紹介した理由から、Mac App Store にはありません。

メーカーの公式サイトからダウンロードとライセンスの購入をしてください。

https://www.drbuho.com/jp

関連記事