ホントに知らないと損だぞ!キャリアの割引キャンペーンの落とし穴に気をつけよう

2021/04/28

softbank-white-bb

ソフトバンクから「スマホBB割」キャンペーンの案内が来て、僕が今使っている旧プラン(ホマ放題になる前のホワイトプラン+パケット定額)向けの受付は11月30日で終了すると書いてました。

スマホBB割りというのは、「ホワイトBB」というソフトバンクが提供するADSL(懐かしい!)に加入していると、iPhoneなどSoftBankのスマートフォンの利用料金から毎月1,522円割り引くというキャンペーン。

whitebb

ホワイトBBが、税込だと月額2,036円なので、iPhone一台だけだと約500円の出費増ですが、奥さんの分とiPadの料金からも同様に1.522円割り引かれると、月額合計で4,566円の割引。月々の出費を2,500円も減らせるのか!って一瞬喜びました。キャンペーンが終わっちゃう前に加入しなきゃ!なんて思ったわけです。

smartphone-bb-family

ところが、キャンペーンの適用条件をよく見ると、

smartphone-bb-campain-jouken

「本キャンペーン適用中は、4G LTE定額プログラムの定額料割引は適用されません。」

と書いてある。この「プログラム」って何かというと、2年縛りを甘んじて受け入れる代わりに、パケットの定額料金を月々500円割り引くという内容。

4g-lte-program

これがなくなるってことは、1台あたりの割引が月々1,000円に下がるということ。ってことは、3台分で減らせる出費が、月額1,000円だけってこと。

うわ、意味ねぇじゃん!

危うく、落とし穴に引っかかってほとんど無意味なキャンペーンに申し込んじまうところでしたよ。

ソフトバンクに限らず、キャリアが用意するキャンペーンの適用条件には色々と落とし穴が隠されている場合もありますので、しっかり検討してから利用しましょう。

関連記事