SoftBankで予約した人は、ハイスピードエリアを確認してワクワクしながらiPhone 4Sの発売日を待とう

2021/04/28


iphone4s.jpg

iPhone 4S の予約受付が7日金曜日から始まって、SoftBankやauのショップに早速申し込んだユーザーさんもたくさんいらっしゃると思います。当サイトの Facebook ページでアンケートを取ってみたところ、「iPhone 4S は予約しましたか?」という質問に対してこの記事執筆時点では58票の回答を頂いてます。

iPhone 4S は予約しましたか? Total: 58
とりあえず様子見: 23
SoftBankで予約した: 15
割賦終了待ち: 11
auで予約した: 3
Appleのものなど死んでも買わない: 2
未成年だコノヤロー: 2
思案中: 1
iPhone 5が出るまで待つ: 1

予約を済ませた人だけで見ると、ソフトバンクの方が圧倒的に多いという結果になってます。

実は僕も、7日のお昼まではauに行く気満々だったんですけど、iPad 2のお得なキャンペーンにやられてSoftBankに留まることにしました。

hsdpa.jpgiPhone 4S の購入にあたり、SoftBankを選んだ人が気になるのは iPhone 4S の目玉の一つ、HSDPA 高速版(下り14Mbps/登り5.7Mbps)の対応状況ですね。iPhone 4S がせっかくこの機能を搭載していても、ソフトバンクの回線が対応していなければ意味がありません。

そこで、SoftBank のサイトで、対応エリアの状況を見てみると、意外にハイスピード対応エリアが広いことに驚きました。注意書きの所にも、「最大14Mbpsの速度は対応端末に限ります。」という内容のことが書かれていて、3Gハイスピード対応エリアは基本的に14Mbpsに対応しているのかな?という感じですね。


areamap.jpg

大都市圏では回線の混雑状況などが原因で、期待したスピードが出ない可能性もありますが、ハイスピード対応エリアになっている地方都市では結構いい速度で iPhone 4S が使えることに期待できそうではないですか。

で、僕が住んでいる大阪府内の地方都市では、元々 docomo の回線より SoftBank の回線の方が早かったので、もしも更に倍のスピードが出たらウハウハです。

地方都市万歳!

関連記事