Safariがモッサリ激遅になったので、リセットしたら回復(Mac)

2012/11/28

Mac の Safari を使っていると動作がものすごく遅くなって、何か操作をして反応するまで数秒かかるようになってしまうこともちょくちょく起きるようになりました。

何となく Gmail を使っているときに遅くなる傾向が強いような気がしていたのですが、どうも Gmail は原因では無さそう。

こういう、なんかわかんないけど遅いとか不安定だな〜って感じたときは、リセットするのが効果的です。Apple 製品ならね。

Safari reset

Safari メニューから「Safariをリセット」を選択するだけです。

どれが原因になっているのか調べるのも面倒なので、全部選択した状態でリセットしました。

これをやってしまうと、Safari に保存されている ID とパスワードも消えてしまうので、何かWebサービスを使うときに入力し直しになってしまうのがちょっと面倒ですが、1Password を使ってアカウントの管理をしておくと便利なのでお薦めです。

さて、結果はというと、期待通りの大成功! Mac を買った直後のようなサクサク動作が蘇りました。Gmail を表示したまま色んなサイトを巡回してみましたが、ある程度の長時間使っても遅くなることは無さそうです。

Safari の動作でいらいらしている皆さん、お試しあれ。