SoftBankが感情を理解する人型ロボット「pepper」を2015年2月に19.8万円で一般販売

2014/06/05

SoftBankが、感情を理解することができ、自律的に動くロボット「pepper」を発表しました。

pepper は、感情認識機能を搭載していて、人と接しながら学習し、学習した内容をクラウドAIに保存するという特徴があります。pepper の稼働台数が増え、活躍する場が増えれば増えるほどにクラウドAIに送られる情報が多様化してさらに学習が進み、「集合知」として蓄えられます。

この集合知により、「空気を読んで、人を笑顔にする」ロボットであると孫社長がコメントしています。

20140605sbpepper06_cs1e1_480x

感情エンジンやクラウドAIに関するAPIが公開されるので、サードパーティ製のアプリケーションを開発することも可能。状況や利用目的に合わせた様々なアプリケーションが作成されれば、pepper の利用価値が高まっていく可能性があります。

「集合知 + APIによるアプリ」の充実で賢くなり続ける pepper は、マンガの世界にあった人工生命体のように、進歩し続けるロボットになるかもしれません。

しかもこれから開発に着手するという話ではなく、2015年2月には一般販売を開始するとのこと。本体価格が19万8000円。この近未来的なロボットを、パソコンを購入するような感覚で買えます。

何ともワクワクするはなしではないですか!

かつて限定販売されたロボット犬「アイボ」も大きな話題となって、お金持ちの間で大ブームとなりました。アイボの場合は単なるペットでしたが、pepper は生活の中で実用化されるところがすごい。しかも限定ではなく、完全に市販品。

自律型エンターテインメント犬型ロボット「アイボ」
自律型エンターテインメント犬型ロボット「アイボ」

これがAppleの基調講演のように、発表と同時に発売!とかだったら勢いでポチッとしてましたよ。あぶねー

発売まで冷静に考えるチャンスをもらえた。