iPhoneに光学ズームが搭載される?Appleがスマホのカメラ機能に関する特許を申請

2015/05/02

日常のスナップ撮影はもうiPhoneが主役で、コンデジの必要性はとても低くなっています。しかし、光学ズームがないので、自分の脚で近づけないものを撮影したい場合には困りますね。Appleが申請した特許によると、スマートフォンのコンパクトなカメラユニットで画角の変更ができるようになるみたいです。

iphone-optical-zoom

AppleのiPhoneは、今手に入る最高のスマートフォンカメラだと言っていいが、新たな特許申請資料には、これがさらに良くなる兆候が見られる。その特許とは、「スモールフォームファクター望遠カメラ(via AppleInsider)で、画角は狭いが倍率の高いカメラの作り方や、現行iPhoneで使われている広角レンズと組み合わせることによって、1台のスマートフォンで幅広い選択肢を与える方法が記されている。

TechCrunch

iPhone だけでなく、iPad や MacBook のカメラ機能などに組み込むための小さなレンズで、光学ズームができるようになる機構が搭載されているそうです。

iPhoneのカメラ機能は良くできていて、普段のスナップ写真ならほぼ不満のない写真が撮れますので、ズームができたらさらに利用の範囲が広がりますね。現在のiPhoneでもズームができますが、これはデジタルズームなので画像を拡大しているわけで、光学ズームと比べると画質的に劣りますからね。

とかいいつつ、僕が愛用しているのは 28mm 固定画角の RICOH GR なんですけどね。ズームや望遠が使いたいときは一眼カメラだし。