iTunes Match を設定して使ってみよう

2021/04/19

itunes-match-icon

待たされる事2年、ついに始まった iTunes Match を設定して使ってみましょう。作業はとても簡単で、iTunes Match の決裁をしたら待つこと、そして iPhone / iPad でボタンをオンにするだけです。

iTunes Match がどんなサービスなのかについてはこちら
iTunes Match が日本でも始まった!

セットアップが終わらない場合はこちら
iTunes Match のセットアップが終わらない場合はサインアウトが有効かも

登録する

まずはiTunes Matchの利用登録をします。年額3,980円。

本国アメリカの$24.99と比べると割高な印象を持ってしまいますが、大人の事情で日本では不可能と言われていたサービスを使えるようにしただけでもAppleには拍手を送りたいです。

ライブラリとマッチング

itunes-match-matching

パソコンから利用登録を行うと、自動でiTunesライブラリのマッチングが始まります。

3つのステップがあって、

  1. iTunesライブラリに関する情報を収集
  2. iTunes Storeの曲とマッチング
  3. アートワークとマッチしなかった曲をアップロード

となります。

僕の環境
Macbook Pro Retina Late 2013
2.6 GHz Core i7
16 GB メモリ
曲数: 7026

ステップ2が終わるまでで4時間以上かかってます。

iTunes Matchをオンにする

iPhone / iPad の設定アプリを開くと、「ミュージック」「iTunes & App Store」の両方に「iTunes Match」という項目ができているので、ボタンをスライドしてオンにします。

itunes-match-on1itunes-match-on2

iPhone / iPad のライブラリを置き換える

itunes-match-lib

ミュージックアプリを立ち上げると、端末の音楽ライブラリをiTunes Matchで置き換えます。

Geniusがかなりいい感じです。
itunes-match-genius

パソコンのiTunesライブラリにあった全曲にアクセスできるようになっています。
itunes-match-list

iPhone / iPad にコピーしていない曲の場合、雲に矢印がついたアイコンになっていますが、iTunes Storeから即ダウンロードする事もできますし、ダウンロードはしないままストリーミング再生することもできます。
itunes-match-download

SoftBankのLTE回線でストリーミング再生してみました。午後2時台〜3時台のそれほど混雑しない時間帯ではありますが、音が途切れたり遅延したりはありませんでした。次の曲や前の曲に飛ばしてみたりもしましたが、iPhone本体にコピーがあるのと同様の操作感で、ストリーミングであるということを全く意識する必要がありません。

これはいい!

【追記】
モバイル通信回線の環境で、iTunes Matchの曲が表示されねぇよ!という場合、設定アプリの「iTunes & App Store」で「モバイルデータ通信」がオンになっているか確認してください。オフだと、iPhoneにコピーしてない曲やまだストリーミング再生をしたことがない曲は表示されず空白になります。

image

関連記事