iTunes Match が日本でも始まった!

2014/05/02

発表以来、待ちに待った「iTunes Match」がついに日本でも始まりました!

iTunes Match とは、自分のパソコンの iTunes ライブラリーにある音楽と、Apple の iTunes Store で販売している音楽を照会して、“マッチ(一致)”したものについては iTunes Store で購入したものと全く同じ権利をユーザーに与えてくれるというサービスです。例えば、僕は先日、和楽器バンドのボカロ三昧をBlu-ray付きCDで購入したのですが、これも iTunes Store から購入したのと全く同じ扱いをしてくれるようになるんです。

そして“マッチ”しなかった曲は AAC 256kbps (iTunes Plusと同じ音質)に変換してサーバーにアップロードすることで、iTunes Store で購入したものと同じようにストリーミング再生ができるようになります。音楽ファイルに関してはストレージ容量を気にしなくても良くなりますね。

利用できる曲数は、「iTunes Store で購入したもの」と「ライブラリーとマッチしたもの」は無制限、マッチしなくてアップロードするファイルは25,000曲です。

iTunesを使うユーザーにはとてつもなく便利なサービスであると同時に、音楽業界には圧倒的な破壊力を持った制度でもあります。もしライブラリーにある音楽が、CD等で購入したものはもちろんですが、レンタルしてリッピングしたものでも違法にダウンロードしたものでも、マッチングのシステム上は区別しないで同じ扱いをしてしまいます。音楽の楽しみ方をいったんリセットして、ここから新しい時代に突入するというインパクトがあります。

この破壊的なサービスが、ついに日本でも使えるようになりました。金額は年間3,980円。安いっ!と絶賛するほどインパクトのある値段ではないですが、内容を考えたら十分にお買い得だと思います。

とはいえ、アメリカでは年間$24.99なので、2,980円位にできなかったものかと…

日本ではまだCDが音楽販売の中心になっていますが、世界的にはもうダウンロード販売が標準になっていますので、日本もそろそろ音楽の買い方をリセットしてもいい時期なのではないかと個人的には思います。

さて、気になるユーザーは早速 iTunes を開いて登録ですよ。iPhoneからは、iTunes Store アプリから登録できます。

image
itunes-match-matching

【追記】
僕の場合、サーバーとのマッチングにすげぇ時間がかかってます。当分終わる気配がない感じですな。