Google のプライバシーポリシー統合が心配なら脱Googleを検討してみる

2012/03/02

2012年3月1日から、Google が提供するサービスのプライバシーポリシーが統合されました。これにより、Google のサービスどれかで収集したユーザーの情報(利用履歴など)が、「より良いサービスを提供するため」という理由(口実?)で別のサービスでも利用されることになります。

NewImage

変更内容の概要

極論すれば、

  • Google 検索履歴: 何に興味があるのか
  • Gmail: どの様な人と交流があるか
  • Google カレンダー: いつ何をしていたのか
  • Android 端末: 電話番号・通話履歴、位置情報(いつ・どこに居たか)

という情報が統合されたら、特定個人のことをかなり正確にプロファイリングできてしまいますね。

さらに、Google+ を積極的に使っている場合には、その人物の特徴をより詳細にプロファイルできることになるでしょう。Google+ の公式アプリから自動的にアップロードされる写真には、撮影日時と場所の情報がしっかり記録されていますし。

その情報を元に、YouTube にログインしたら興味を持ちそうな動画をピンポイントで高精度にお薦めしてくれて、がっちりツボにはまって楽しいぜぃ!といったユーザーメリットが発生するということのようです。
当然、ターゲットを絞った広告の表示で、Google の収益改善にも役立てることになるでしょう。

しかしですよ、そんなプライベート情報を「ストリートビューの写真撮影のついでに、世界中の Wi-Fi 電波からついうっかり通信データを傍受する」ほどプライバシーに無頓着な会社に握られてしまうことを心配するユーザーも多いことでしょう。

個人的には、そういう情報を Google に知られたところで特に困らんと思うし、むしろそういったログやプロファイルを見やすく確認できるサービスを作ってくれたら、自動ライフログとしてありがたいと思うんですけどね。

Google サービスの利用をやめる

でも、「もう Google なんか使いたかねぇよ」いう人は、以下を検討してみると良いかもです。

【キーワード・画像検索】
最もシンプルな対策としては、Google のサービスからログアウトした状態で検索サービスを使うという方法があります。こうすることで、自分のアカウントの情報と検索履歴がひも付けされることはありません。より確実にしたい場合は、下記の方法もあります。

  1. Google のサービスにログインした状態なら、ブラウザ画面右上の自分のアイコンから「アカウント設定」を選択、「ウェブ履歴を見る」から「ウェブ履歴をすべて削除する」を選択。
  2. 検索エンジンを Bing に切り替える。

【メールサービス】

  1. Yahoo! メールを利用する。2011年12月の仕様変更で、Gmail より魅力的になったと思います。iPhone との相性もバッチリです。
  2. Gmail のアカウントはしばらく残しておいて、送られたメールをすべて Yahoo! メールへ転送する。

【Google カレンダー】

  • iCloud のカレンダーで十分でしょ。

【Google マップ】
地図の閲覧には代わりになるサービスを使う。ただし、地図上で目的地を検索して、現在地から徒歩+電車乗り継ぎで案内する機能は使えない。
Yahoo! MAP-ヤフーマップ 6.32.1(無料)
カテゴリ: ナビゲーション, ライフスタイル
販売元: Yahoo Japan Corp. – Yahoo Japan Corporation(サイズ: 231.2 MB)
App Store

【徒歩+電車ナビゲーション】
ナビタイム: アプリは無料だけど、サービスの利用は有料。
・180日チケット(¥1,500)
・365日チケット(¥3,000)
NAVITIME(乗換と地図の総合ナビ) 25.7.0(無料)
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: NAVITIME JAPAN CO.,LTD. – NAVITIME JAPAN CO.,LTD.(サイズ: 142.3 MB)
App Store

【動画を観る】

【動画を投稿する】

【Google+】
使ってるヤツいる?

おわりに

こうして改めてみると、やっぱりGoogleのサービスって充実していて、凄く便利なのに無料で使えるということに驚きますね。個々のサービスでみるともっと便利なものもありますが、サービス間の連携ができなかったり有料だったりします。

特に、Google マップで目的地を検索して、そのまま徒歩+電車の経路案内をしてくれる機能は、日常的に活用していて手放せないサービスになってます。タクシーに乗ったときなんかも、運転手さんが知らない場所だったときなんかは、検索しておいた経路を地図&リストで見せると話が早いということも良くあります。

僕はこれほどの便利なサービスを利用させてもらう料金の代わりに、僕の興味や行動の記録といった程度の情報を提供するだけでいいなら、むしろありがたい話なんじゃないかなと思います。また、広告も自分が興味を持つようなものをビシッとピンポイントで表示してくれたら、むしろ有益な情報源になりますよね。

というわけで、僕は Gmail とか Googleマップとかを中心に、Googleという会社が存在する間はサービスを使い続けると思いますし、Yahoo! とか Naver とか、別のサービスの方が便利なことに関してはそちらを使うというように、適材適所で選択していきます。