高音質なのに低価格なBluetooth オーディオレシーバー: LBT-AVWAR700

2021/04/20

LBT-AVWAR700

Apple Music が日本でも始まって、一日中音楽を鳴らしっぱなしでも全部は聴けないほどたくさんの曲にアクセスできるようになりました。外出先ではヘットホンを使って音楽を聴くわけですが、自宅ではステレオで聴いた方が心地いいですよね。自宅でもApple Musicで音楽を聴き放題にするなら、断然便利になるのがBluetooth オーディオレシーバーです。

Bluetooth オーディオレシーバーとは?

Bluetooth オーディオレシーバーというのは、iPhoneやiPadの音楽をBluetoothでステレオにつないで聴けるようにする無線アダプターです。

iPhone に保存している曲はもちろん、Apple Music や iTunes Match からのストリーミング再生や Life’s Radio の様なストリーミング放送サービスなども、自宅のステレオで聴けるようになります。

Bluetooth接続でも高音質

高音質コーデック対応

Bluetooth で接続というと音質が悪いと思う人も多いと思いますが、それはもう昔の話。今はAACやapt-Xといった高音質なコーデックに対応した製品も増えています。ELECOM LBT-AVWAR700 も、もちろん高音質コーデックに対応しています。

top

光デジタル出力端子を搭載

しかも、実売価格5,000円程度の低価格な製品なのに、光デジタル出力端子も装備。iPhone から AAC で高音質なデジタルデータのままオーディオレシーバーに送って、オーディオレシーバーからは光デジタルでステレオに送るという完全デジタルの高音質再生が可能です。これならお気に入りのステレオの性能をフルに活かせます。

iPhone や iPad にある iTunes Plus 音質(AAC 256kbps)の音楽データをAACでレシーバーに送って、光デジタルケーブルで接続したステレオから再生した時の音質は、ステレオに直接CDを入れて再生したのと大差ないと感じるくらいになります。そんなに高性能とは言えないiPhoneのヘッドホン端子から有線でステレオにつないだ場合よりも、むしろ高音質なのではないかと感じるくらいですね。

この価格帯で光デジタル出力も装備している機種は多くないので、その一点だけでもこの製品を選択する理由になるくらいですよ。

これ一つあれば、音楽生活が何倍も楽しくなりますので、全力でおすすめします。コスパ最強でしょう。

購入

類似の製品もあります。
https://iphone-lab.net/bluetooth-audio-adaptor-harman-kardon-bta-10-369290/

関連記事